求人する側、される側

ハローワークや求人誌、インターネット上の求人案内など、求人の募集は不況といわれても必ずあります。ですが自分の求めている就職先が見つかるかというと、なかなかそういう求人にめぐり合うというのはないようです。 最近インターネット上やマスコミなどで報じている言葉で「ブラック企業」という言葉があります。働く人にとっていろいろな意味でブラックなことを指しているのですが、求人においては主に労働基準法を無視するかのような労働条件を行っている会社を意味しています。

このような会社を擁護するわけではありませんが、会社というのは儲けないとやっていけません。会社の利益を重要視するあまり賃金をカットし不当な労働を強制する会社は論外なのですが、利益がでない限り給料を払うのは難しく、仕事による相場というものも決まっています。逆にいうと給料分は働いてくれないと、会社は利益をだすことはできず立ち行かなくなるということです。「条件:経験者」というのは、特にこの点を強く打ち出しています。この場合企業は、育てる余裕はなく、即戦力が欲しいのです。最高な求人の選び方というのは存在しません。ですが損をしない選び方というのは存在します。

それは企業側の立場になって考えてみるということです。難しいように思えますが、ネットオークションの説明文などと同じで、いかに装飾するかがポイントになってきます。前出したように企業は儲けるために存在します。相場よりも良過ぎる条件の会社は、どうやって利益を出すのでしょうか。装飾文に騙されないことが選び方の第一歩です。

▽特集
希望エリアや希望年収などで簡単に全国の風俗求人情報を検索出来るサイトです ⇒ 風俗求人サイト

 

Copyright © 2014 求人の選び方 All Rights Reserved.